無料映画.jp TOP  > ゆとりですがなにか

【動画】ゆとりですがなにか

『ゆとりですがなにか』は、2016年4月17日から毎週日曜日22:30 - 23:25に、日本テレビ系の『日曜ドラマ』枠で放送予定の日本のテレビドラマ。 脚本家・宮藤官九郎のオリジナル脚本をドラマ『ぼくの魔法使い』や映画『舞妓Haaaan!!!』などでコンビを組んだ水田伸生の手でドラマ化する。 宮藤官九郎は、このドラマについて「社会人経験ゼロの私が、45才にして初めて挑む社会派ドラマ」と称している。 ※出典:file.director.blog.shinobi.jp

 
無料映画FC2ブログランキング
【動画】ゆとりですがなにかの無料映画視聴
 
映画を見る】【動画視聴】【動画を見る】【映画視聴

【動画】ゆとりですがなにか 第6話

まりぶ(柳楽優弥)とゆとり(島崎遥香)の関係を知った正和(岡田将生)は、レンタルおじさん・麻生(吉田鋼太郎)とともにまりぶのアパートへ押し掛ける。まりぶは正和に、ゆとりとのいきさつを語る。ゆとりを傷つけたくない正和はまりぶに、ある頼み事をする。 ※出典:i.ytimg.com

 
無料映画FC2ブログランキング
【動画】ゆとりですがなにか 第6話の無料映画視聴
 
映画を見る】【動画視聴】【動画を見る】【映画視聴

【動画】ゆとりですがなにか 第5話

正和(岡田将生)は、妹のゆとり(島崎遥香)が、まりぶ(柳楽優弥)が店長を務めるガールズバーでアルバイトしていると知って、頭を抱えていた。家族にも宮下(安藤サクラ)にもそのことを打ち明けられず、結局レンタルおじさん麻生(吉田鋼太郎)に話を聞いてもらう正和。麻生は、自分がガールズバーに行ってゆとりの様子を見てくると言う。 ※出典:cdn-ak.f.st-hatena.com

 
無料映画FC2ブログランキング
【動画】ゆとりですがなにか 第5話の無料映画視聴
 
映画を見る】【動画視聴】【動画を見る】【映画視聴

【動画】ゆとりですがなにか 第4話

山路(松坂桃李)の学校に怒鳴り込んできた静磨(北村匠海)は、佐倉(吉岡里帆)のカレシだった。静磨に、自分のオンナと浮気していると責められた上、学校中に響き渡る大声で童貞だと暴露されてしまう山路。さらに、授業参観で発表する劇について保護者から次々と理不尽なクレームを受け、ストレスは増すばかり。 ※出典:madosoto.com

 
無料映画FC2ブログランキング
【動画】ゆとりですがなにか 第4話の無料映画視聴
 
映画を見る】【動画視聴】【動画を見る】【映画視聴

【動画】ゆとりですがなにか 第3話

正和(岡田将生)は、パワハラを受けたと主張する山岸(太賀)と対面。山岸は労災認定を要求し、認められなければ訴訟を起こすと言って譲らない。正和は、自分が謝罪して始末書を書けば事態は収まると分かりつつも、納得できない。 ※出典:2.bp.blogspot.com

 
無料映画FC2ブログランキング
【動画】ゆとりですがなにか 第3話の無料映画視聴
 
映画を見る】【動画視聴】【動画を見る】【映画視聴

【動画】ゆとりですがなにか 第2話

駅で若いサラリーマンの人身事故に遭遇した正和(岡田将生)は、部下の山岸(太賀)が自殺したのだと思い込み、大混乱。まもなく無事が確認されるが、正和からのパワハラによる苦痛を理由に辞職するという連絡が、宮下(安藤サクラ)や、上司の早川(手塚とおる)を含む関係者のLINEに一斉に入り、正和は会社から呼び出しを受ける。 ※出典:1.bp.blogspot.com

 
無料映画FC2ブログランキング
【動画】ゆとりですがなにか 第2話の無料映画視聴
 
映画を見る】【動画視聴】【動画を見る】【映画視聴

【動画】ゆとりですがなにか 第1話

食品会社みんみんホールディングスに勤める坂間正和(岡田将生)は、“ゆとり第一世代”と呼ばれる29歳。上司からあきれられるほどマイペースな彼も、30歳を前に悩みが増える毎日。入社2年目の後輩・山岸(太賀)は“ゆとり”の正和にも理解できないようなマイペースさで、正和は振り回されてばかり。さらに、成績不振で本社勤務から居酒屋チェーン『鳥の民』へ出向を命じられて、正和のストレスはたまる一方。 ※出典:cdn-ak.f.st-hatena.com

 
無料映画FC2ブログランキング
【動画】ゆとりですがなにか 第1話の無料映画視聴
 
映画を見る】【動画視聴】【動画を見る】【映画視聴
最新の記事
年代別
邦画ジャンル
洋画ジャンル
その他ジャンル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索フォーム
俳優・監督ランキング
今日のシネマ名言
人気ページランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
特集
【特集】ほっこり丁寧な気持ちになれる映画まとめ

アカデミー賞受賞作品一覧

【特集】一度は観たい。感動映画まとめ。 width=
アクセスランキング
アクセスランキング
当ブログはリンクフリーです。
にリンクして頂くと自動的にアクセスランキングに参加できます。
免責事項
無料映画.jp(以下、「当サイト」といいます)をご利用いただき、誠にありがとうございます。

当サイトは、世界中の新旧の映画、海外ドラマ、アニメ等の情報を集めたリンク集ブログです。リンク先の動画や音声等の著作権物は、著作者及び関係団体に帰属しています。動画のアップロードや削除依頼につきましては、各配信元サイトに直接お問合わせ下さい。万が一、紹介記事に不適切な箇所がございましたら、お手数ですが、お問い合わせからお知らせいただければ対処させていただきます。当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、当サイト管理人は一切の責任を負うものではございませんので、予めご了承下さい。尚、当サイト内のデータ及び解説文、画像、リンク等、すべての内容について無断転用を一切禁じます。